Gatherer + Gatherer DB

全国一億二千万人の採集マニアのみなさん、お待たせしました。
アナタのハーブライフ、はたまた採掘ライフを充実させるアドオンの紹介です。

Gatherer – Gatherer
Gatherer DB – WoWInterface

デフォルトの状態でも、視認できる範囲のハーブや鉱床はミニマップに表示されるようですが(herbalism?やminingは使ったことがないので。。)、一度採取したポイントをマップ上に記録してくれるアドオンがこのGathererです。

これさえあれば、いちいち自分でメモを取る必要がなくなりますね!

それだけではありません。
このアドオンには、これまでたくさんのプレイヤーらが収集したこれら採集ポイントの情報がまとめられたデータベースパッケージが用意されているのです。

それがGatherer DB。
こちらをゲーム内でインポートしてやれば、まだ未踏の地であろうとも、どこで何が採取できるのか丸わかりになるのです。

使い方は簡単。
GathererとGatherer DBをどちらも他のアドオン同様、ダウンロードしてきて解凍し、アドオンフォルダに投入します。

ゲームを立ち上げ、アドオン一覧で両方のアドオンがロードされていることを確認したら、そのままログインし、Gathererのコンフィグ画面を開きましょう。
赤い、Databaseというタブがあるのでそちらをクリック。つづいて、Importというボタンを押しましょう。
これでオッケー。
まだ見ぬハーブや鉱床があなたをさらなる旅へと駆り立てることでしょう!

なお、データベースは随時アップデートされている模様なので、該当サイトをブックマークしておいて時折チェックするのも忘れずに!

・Curse.comに記述されていたスラッシュコマンドを併記しておきます。参考までに。
Slash Commands /gather minimap (on|off|toggle) – controls the minimap tracking functionality /gather mainmap (on|off|toggle) – controls the world map tracking functionality /gather dist – sets the minimap tracking distance to this number of units. (in game yards) /gather num – sets the maximum number of items to display (default=20, up to 50) /gather herbs (on|off|toggle) – select whether to show herb data on the minimap”) /gather ore (on|off|toggle) – select whether to show mining data on the minimap”) /gather treasure (on|off|toggle) – select whether to show treasure data on the minimap”) /gather options – show the configuration dialog

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中