Dominos

ゲームが進んでくると、最初はほんの数個だったアクションボタンも、スキルの増加と共に、左下のアクションバーを埋め尽くすようになってきます。
あるいは、もう最初から、こういったアクションバーやメニューバーの位置をカスタマイズしたいひともいるかもしれません。

そんな方にオススメなのがこのDominosです。

Dominos – Curse.com

このアドオンは、入れた直後は

こんな感じになります。他のアドオンをすでに入れているひとはもしかしたらちょっと違うかもですが、まあだいたいこうだと思います。

ここから自分の使い勝手のいいようにカスタマイズしていくわけです。
コンフィグ画面の出し方ですが、大きくふたつの方法があります。
アドオンの多くが対応しているのが、右上、ミニマップに吸い付くように付く形で丸いコンフィグアイコンを用意してくれています。
Dominosもあるので、こちらを押して開くか、もしくはescメニューでInterfaceの項を開き、AddOnタブを開いてそこから設定するかです。

ミニマップアイコンをクリックした場合は、こんな感じでそのまますぐにバーの配置図が現れると思うので、ここでバーの位置を自由に移動させることができます。
Interfaceのほうからアクセスしたい場合は、さらにConfigure Barsというボタンを押してやる必要があります。

バーの大きさ、透明度、その他もろもろの設定もいじれます。そうするには、この配置図中に、変更を加えたいバーの上で右クリックしてください。するとそのバーのさらに細かい設定窓が現れます。

Columnsでバーのスロット数をいじれば横表示だったバーを縦表示にできます。自分の場合、すぐには使わないけれどたまには使う生産等のアクションボタンを縦表示したバーに入れて、画面右端にくっつけてます。
あと、デフォルトの状態だとEXPバーが画面上部の半端な位置に表示されてしまいます。自分は数字が見える程度の大きさまで小さくして、左下のほうに配置しています。

なかにボタンを配置していないバーは当然表示されませんが、たとえばキャストバーは他のアドオンで表示してるから、こっちのはいらないなーと思ったら、マウスオーバーしたときに表示される指示にしたがって、バーの表示を消したりすることもできます。

こうしていじったアクションバーにキーバインドをする場合、ミニマップアイコンならばマウスオーバー時に表示される指示にしたがって、キーバインドメニューを開いてください。うちの環境だとShift+左クリックです。InterfaceならまんまBind Keysというボタン。
これを開いて、あとは好きにバインドしてください。そのキーのバインドをいったん消したいときは、該当ボタンの上で画面の指示通りにescキーを押せばそのボタンに割り振られたキーが全部消えます。

以上です。いろいろいじって、自分にとって使いやすいバー構成を目指してみてください。

なお、今回は設定の容易さからDominosを取り上げましたが、アクションバー関連のアドオンではもうひとつ有名なものがあります。
それがBartender4です。こちらはもっと細かく設定できるみたいです。Dominosでは物足りないと思ったら、こちらと使い比べてみるのもいいかもしれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中