MobMap + TomTom

ゲームにもだいぶ慣れてきたころでしょうか。
町中で迷ったりしていませんか。
Trainer探しに疲れたりしていませんか。

そんなあなたにMobMap。

MobMap

このアドオンは、NPCや敵の生息地帯等を地図上に表示してくれるアドオンです。ミニマップボタンで各種ProfessionTrainerの居場所やAuction等が検索できます。
では上のサイトに行き、右の英語の旗をクリック。すると、download database、upload your data、get the Add-Onという3つのリンクが現れるので、まず最初は一番最後のリンク。

get the Add-On – MobMap

インストーラー付きのもあるみたいなので、いちいち手動で入れるのめんどいやってひとはそちらでも。
自分は下のリンクから手動で入れました。
Download with the newest English databaseってやつをクリックして、ファイルを保存します。
それを解凍すると、MobMap~~.english(~~はバージョンの数)っていうフォルダが生成されます。そのなかにあるフォルダを全部アドオンフォルダに入れてください。

これでOK。ミニマップにマルにMというミニアイコンが表示されると思います。こいつを右クリックすると、TrainerとかVenderとか、検索対象NPCのカテゴリが出てくるので、それを押すと、一番近いNPCがマップにポイント表示されます。

このアドオン、単体でも十分機能的なんですが、もうひとつ、Tomtomというアドオンを入れておくとさらに便利です。

TomTom – Curse.com

マップ上に設定されたウェイポイント(手動だとCtrl+右クリックで指定できます)の方角を距離とともに矢印で表示してくれるアドオンです。
このMobMapで検索した際、TomTomが入っていれば、それと連動して、検索したNPCやロケーションの方角を矢印で示してくれます。
もしTomTomの矢印が邪魔になったら、矢印を右クリックするなりして、Remove waypointすれば消えますし。

MobMapの便利なところはこれだけではありません。
Lボタンでクエストジャーナル画面を開くと、クエストタイトルの右にMというアイコンが見えますでしょうか。これをクリックすると、MobMapのデータベースに収納されているクエスト情報にアクセスできます。
大半はクエストログと同じで見る価値のないものなんですが、ちょっと便利だと思うのは、そのクエストが前から続いているクエストだったりしたとき、Prequestってところに前のクエスト名が表示されるので、ひとと情報をやり取りする際にちょっと役立ちます。あと、Next Questって項に記述があった場合、そのクエストが新たなクエストにつづいていることが事前に分かるのもなにげに便利です。

あと、クエスト対象モンスター名やアイテムの右にMがあった場合は、それを押せば、だいたいの分布位置が表示されるのでこれもわりと便利です。
まあ、データベースになかったよ、て言われてがっかりすることもわりとあるんですけどね。。

なにはともあれ、これでもう迷わない!きっと、たぶん。。

MobMapのデータベースはそこそこ頻繁にアップデートされているらしいので、月に一度くらいは上の公式サイトを訪ねてみて、データベースの更新がかかっていないか確かめるといいと思います。
インストーラーでインストールしたひとは、ゲーム内のコンフィグかなんかからアップデーターで更新できるみたいですけどねぃ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中