戦地を訪ねて【1】 Warsong Gulch

bg-ahk-title

ここを見てくれている人にはバレているかもしれないですが、私びっくりするほど BG がだいすきです。普通みんな Raid 行ったりデイリーしている中、もくもくと BG へ。もはや NPC のつもりで日々戦地に出かけています。

さて何百回と通っているうちにふと「この戦いは何のためなのか ( ・ω・) 」思うことがあります。そこで、wiki 読んで把握した、BG の背景を記録しておこうシリーズ書いてみます。背景知ると、より感情移入して戦える!! (詳しい方へ: まちがってるところあったら教えてね

第一回は Warsong Gulch。お気に入りフィールドであり、数々のドラマを見させてくれた思い出の戦場であります。初めて(ランダム BG なのに)「この前ヒールしてくれたゴブリンだ」って覚えてくれて BG やる気がでたのもこのフィールド、みんなに助けてもらってはじめてマスターを取れたのもここ、先日レベル90になった時もここでした。

Warsong Gulch の舞台はアゼロス西の Kalimdor 大陸、豊かな深い森の Ashenvale 地域と、荒野 Northen Barrens のちょうど中間地点での戦いです。 Warsong Gulch に行ったことがあるなら、フィールドの北半分(Alliance 側)が青緑色の自然豊かな感じ、南半分(Horde 側)が赤茶色の荒野な感じに分かれているのを思い出せると思います。

時は Warcraft III の時代、自由を勝ち得た Thrall ら Orc たちはアゼロスにたどり着き、Thrall の父の名前を取って Durotar と名づけた土地に Orgrimmar という町を築いて、ついに安寧(?)の地を見出しました。で Orc たちは Durotar の西側 Barrens に拡充していきますものの、残念ながらアゼロスはすでに Burning Legion などによって被害を受けており、Barrens は元の豊かな森の跡形もない乾いた荒野。イノシシがブヒブヒ。

そこで Garrosh 率いる Orc 中心の Warsong 氏族は、住居のための木材を求め Barrens の北側 Ashenvale の森へ侵攻、伐採を始めます。それに抵抗したのは古くから Kalimdor の深い森に住まう Night Elf たち。彼らは森を守るため Orc に抗います。

この戦いを Capture The Flag なフィールドにデフォルメしたのが Warsong Gulch。生きるための環境破壊、それに対するエコロジー的軋轢という、なんとも普遍的なテーマのフィールドなのでありました。

Rollplay 的には、Orc もしくは Night Elf で参加する場合かなり思い入れの深いフィールドということになります。個人的には、Healer で参加して FC が Orc だと絶対落とさない覚悟の手厚いヒールをしたくなりますし、Tauren Druid で参戦するとき敵が Night Elf 特に Druid だったりすると、これは戦争なのだ(・д・’;)という感じが出てなかなかいいです。

<北側から南側を望む>

<南側、Horde 拠点>

広告

「戦地を訪ねて【1】 Warsong Gulch」への2件のコメント

  1. なんかすごい雰囲気出てます!トミールさんはセンスいいなぁ 😀

    いいね

    • トミール // 2012/11/21 15:17 //

      ほんとうはNHK風ナレーションいれた映像にしようとおもったんだけどナレーション力がなさすぎてふつうにテキストの記事になりました (・ω・;)

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中